星海社新書

2012年08月29日

瀧本哲史
『武器としての決断思考』
星海社
2011年9月21日
IMG_5374 Twitter(@ttakimoto)でもフォローしていますが、京大の客員准教授の瀧本先生の著書です。3月に読んだ『僕は君たちに武器を配りたい』と同じタイミングでの新書のようです。姉妹書として、『武器としての交渉思考』という新書もあります。京大では意思決定の授業を担当されていることもありますが、自分で考えて、自分で決めていくという思考方法について、ディベートの仕方を中心に書かれてあります。世の中にいかに詭弁が多いかというのを思い知らされます。意思決定というのは、最終的には主観で決めることになるわけですが、そこに至る過程として、客観を経ることの重要性が説かれています。思考方法としては間違っていませんし、勉強になるわけですが、ディベート方式の考え方はプライベートではあまりお勧めできませんね。嫌われてしまう(笑)

(14:52)

2011年11月30日

海老原嗣生
『仕事をしたつもり』
星海社
2011年9月21日
IMG_0623 遂に先月は載せませんでした。実にbook diaryを書き始めて初。今月も載せるのはこの1冊。今の状況に、ぴったりのタイトルだったので購入した次第です。形式ばかりで実質のない仕事というのは、日常に溢れているものです。自戒するべき内容がこれでもかというくらい書いてありました。仕事ぶりに質より量、長いものには巻かれろ、横並びの意識といった日本のよくない習慣はどうにかならないもんですかね。物事の本質を見越した仕事をしていきたいものです。「奥儀云」にあるように、「上手は下衆に受けず、下手は上客に飽きられる」本当の芸達者は「下衆を笑わせながら、上客に心を伝えるべき」というのは求道者として、なかなか含蓄のある言葉だと思いました。本物を求める人は最終的に孤独とならざるを得ない宿命か…

(17:18)