2008年03月02日

林誠
『お役所の潰れない会計学』
自由国民社
2007年11月5日
3.2 著者自身がプロフィールに書いているんですけど、関西ノリ全快です。私は嫌いじゃないんでいいんですけど。でも、気に障る方もいらっしゃるような気もしますね。内容は、お役所の潰れない仕組みを、護送船団方式、親会社(国)への従属、M&A(合併)、単式簿記による現金主義、厳格な「予算主義」、キャッシュフロー会計、会計の公開、徹底した縦割り、終身雇用といった既存のシステムからわかりやすく説明されていると思います。普段、企業会計を専門にしているせいか、公会計については壁を感じていましたが、考えてみれば企業会計よりとてもシンプルなシステムです。日々の生活で官と民の違いについて思うことはよくありますが、この本でもいろいろとありました。都会と地方についても。それにしても最近忙しくてあまり本が読めません。

(11:34)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔