2006年05月09日

荒井玲子
『ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人』
技術評論社
2006年5月5日
5.9 技術評論社からSE向けの新書が出ています。その名も“技評SE新書”。世にSE本は多く出版されていますが、新書が出るとは驚き。目次をざらっと見るだけで、ソフトウェア開発に限った話ではないことがわかります。もう、この手の話は嫌というくらい読んでいますが、実践の場で活かせていないのが悩みどころ。この本は内容が自分の日常なだけに胸にグサグサ刺さってくる内容でした。やべ、このままじゃ伸びないよぉ〜。基本的に古いタイプなんだよね。自分不器用っすから


(23:37)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔