2010年03月

2010年03月14日

浜辺陽一郎
『民法大改正 ビジネス・生活はどう変わる?』
日本経済新聞出版社
2010年2月16日
DSC05701 読みやすそうな本から内容を探ろうと思い購入。最初のほうの理念や方向性は面白く読めましたが、具体的な部分は興味のある部分以外、集中力が切れて、きちんと読めませんでした。これだけ平易な形で書いてあるのに、法律は読むのに一苦労。1896年制定以来、基本的な骨格を引き継いだままの民法の現代化は、確かに必要不可欠です。一般的な人が読んで、誤解しない内容にしてもらいたいものです。それにしても、商法は会社法制定、民法改正で、かなり量や重要度が低下していますね(あくまで相対的にです。重要でないわけではありません)。それにしても本を読む余裕がない。

(22:01)

2010年03月08日

池田輝政、戸田山和久、近田政博、中井俊樹
『成長するティップス先生 −授業デザインのための秘訣集』
玉川大学出版部
2001年4月15日
DSC05700 余裕がないせいか、BookDiaryの更新が止まっている今日この頃。読んでおきましょうと送付されてきた本を早速読んでみました。表紙、タイトルともに微妙ですが(ティップス先生は、もぐらでしょうか?)、中身はとても良かったです。大学教員向けに、こんなにわかりやすくて良質の本があるなんて正直思いもしませんでした。堅苦しくなく、簡易でわかりやすい上、構成もよく、非常に洗練された内容だと思います。まるで自分の心のつぶやきを見ているようでした。授業を受ける学生も大変ですが、講義する教員もなかなか苦労が絶えません。新年度から心を新たにして臨もうと思います。

(20:25)